第2レベルドメインについての紹介

ドメインとは現在のインターネットシステムを成立させる大切なものです。
データやサービスを送受信する場合に相手の住所がわからないと交換することができません。
大切なデータやサービスは確実にやりとりしたいものです。
このような重要なものを送受信する場合には相手の住所を確実に知っておく必要があります。
インターネット上での住所の役割を果たすものがドメインです。
ドメインをみなさんは知っていますか。
このページではドメインに関する情報を紹介します。
ドメインには第1レベルのドメインと第2レベルのドメインに分類できます。
ここでは第2レベルのドメインについての紹介をします。
たとえばhttp://www.internet.co.jpというアドレスについて考えてみましょう。
この場合はinternet.co.jpの部分がドメインになります。
そしてco.jpの部分が第1レベルのドメイン、internetの部分が第2レベルのドメインになります。
第1レベルのドメインは取得する法人の立場によって決定されます。
第2レベルのドメインは比較的自由に決定することができます。
この部分のドメインは自分で好きなものを選ぶことができます。
基本的に先着順でドメインが決まっていきます。
人気の高い言葉はすでに利用されている場合があります。
そのため取得したいドメインは早いうちに取得しておく必要があります。
自分の会社の名前でドメインを取得したい場合には確実にドメイン取得を図りましょう。
ドメインは宣伝などに利用できるものですので有効なドメインを取得しておきましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017システムとは?セキュリティとは?〜今さら聞けない☆情報処理に関する基礎知識〜.All rights reserved.