ドメインの構造について

ドメインとはインターネットのシステムを支える重要なものです。
何かのデータを交換する場合に相手の住所がわからないと困ります。
当てずっぽうにデータを送信すると届かない心配があります。
大切なデータは確実に送信したい場合があります。
このような場合は送信に失敗すると困ります。
インターネット上での住所の役割を果たすものがドメインなのです。
ドメインとはどのようなものでしょうか。
このページではドメインに関する情報を説明します。
ドメインについてしっかり理解してください。
まずドメインについての紹介をします。
たとえばhttp://www.internet.co.jpというアドレスについて考えましょう。
この場合はinternet.co.jpの部分がドメインになります。
そしてco.jpの部分が第1レベルのドメイン、internetの部分が第2レベルのドメインになります。
第1レベルのドメインには「.co.jp」、「.com」、「.ac.jp」、「.ne.jp」などがあります。
この部分のドメインはドメインを利用する人間や法人の立場によって異なります。
会社でドメインを取得する場合には「.co.jp」を利用することができます。
また「.com」の利用もできます。
しかし「.ac.jp」のドメインを会社で利用することはできません。
「.ac.jp」のドメインは大学などの教育機関での利用を目的に用意されているドメインです。
このような立場に応じて第1レベルのドメインが決定されます。
しかし最近ではかなり自由に第1レベルのドメインを利用できるようになりました。
最近では海外のドメインを取得できるサービスがあります。

要チェックのシステム情報!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017システムとは?セキュリティとは?〜今さら聞けない☆情報処理に関する基礎知識〜.All rights reserved.