ドメインについての基礎知識

ネットワークとは数多くのコンピューターをつないでくれるものです。
ネットワーク上には無数のデータが交換されています。
データの交換を通して現代社会のインターネットシステムが成立しています。
多くの便利なサービスなどはネットワークによって成り立っています。
ネットワーク上にはデータを確実に交換するための住所が割り当てられています。
このページではドメインについての情報を紹介します。
ドメインとはインターネット上の住所にあたるものです。
ドメインは非常に重要な役割をもっていますので理解をしておいてください。
まずインターネット上でデータを交換する場合にはIPアドレスとよばれる数字を利用しています。
IPアドレスとは数字を使った住所なのです。
数字の羅列ですので素人には理解しにくいものですし暗記することが難しいものです。
IPアドレスを人間の目に理解しやすくするためには文字を利用することが肝心です。
ドメインをかんたんに説明すると住所を文字に変えたものであるといえます。
たとえばhttp://www.internet.co.jpというアドレスの場合で説明しましょう。
この場合はinternet.co.jpの部分をドメインといいます。
文字になりますと理解しやすいですし暗記もはかどりますよね。
ドメインは世界にひとつしかないものです。
複数存在しませんのでデータのやりとりの場合でも間違った場所に届く心配がありません。
固有の住所となるものがドメインであるといえます。
ドメインは現在のインターネットシステムの住所の役割を果たすものであり非常に重要な仕事をしているものであるともいえます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017システムとは?セキュリティとは?〜今さら聞けない☆情報処理に関する基礎知識〜.All rights reserved.