サーバの安全性を確保するための方法

サーバとは現在のインターネットやパソコンのシステムを支える重要な役割を担うコンピューターです。
サーバが止まってしまうとこのサイトを見ることができなくなります。
このサイトでしたらまた後で見ればよいのですが、社会を支える大切なサービスの場合は話が違います。
電車の運行や生命に関する業務を支えるシステムは24時間休みなく運転することが肝心です。
このような重要なシステムではサーバも24時間連続して運転する必要があります。
サーバには堅牢性や安全性が求められています。
突然故障してしまうようなサーバでは困ります。
サーバがストップしてしまうと多くのシステムが利用できなくなりますので混乱につながります。
ここではサーバの堅牢性や安全性を確保するための方法を紹介します。
業務でサーバを扱う場合には重要な内容になりますのでしっかり理解して下さい。
サーバでは24時間の連続稼動が行われます。
だからサーバを支えるOSにも堅牢性や安全性が大切です。
一般用に利用されているOSには不完全な点が残されている場合があります。
しかしサーバには不完全な点がありますと困ったことになります。
そのためサーバでは特別なOSが利用される場合があります。
伝統的にLinuxと呼ばれる堅牢性や安全性の高いOSがサーバでは利用されています。
Linuxは一般人には少し扱いにくいのですが理解している人にとっては安全に利用できる信頼性の高いOSです。
そのためサーバでの利用がされる場合が多いのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017システムとは?セキュリティとは?〜今さら聞けない☆情報処理に関する基礎知識〜.All rights reserved.