システムを支えるサーバ

インターネットのシステムのなかではサーバが重要な役割をもっていることがみなさんは理解できていると思います。
サーバとはデータやサービスを提供しているコンピューターですのでサーバがなくては現在のインターネット社会は成立しません。
この点でサーバはなくてはならない存在だといえます。
サーバはデータやサービスを提供する仕事をしています。
だから休むことができない点はサーバの特徴であるといえます。
このページではサーバに必要な特徴について説明します。
システムを支える重要な立場にあるサーバの特徴を理解しておいてください。
サーバとは24時間続けて運転されるものです。
基本的にはサーバとなるコンピューターの電源は常にオンにされています。
クライアントからのデータの要求は24時間いつでもあるかもしれません。
だからサーバは24時間体制で運転される必要があるのです。
単なる趣味に使うデータやサービスでしたらサーバの運転がストップしていてもそれほど困りません。
しかし列車の運行などの重要なシステムを支えるサーバには故障などの問題が起こっては非常に大きな混乱になります。
重要なシステムを支えるサーバはストップすることが許されません。
しばしば銀行などのシステムが混乱しているニュースを見ます。
あのような場合にはサーバが故障しているケースがあります。
現代社会の大きな混乱を未然に防ぐためにもサーバには確かな堅牢性や安全性が求められています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017システムとは?セキュリティとは?〜今さら聞けない☆情報処理に関する基礎知識〜.All rights reserved.