サーバの理解をしよう

わたしたちの生活で毎日利用しているものはインターネットやパソコンです。
インターネットやパソコンのシステムを理解するためにはネットワークに関する理解が必要だと思います。
ネットワークとは無数のパソコンやサーバが互いにつながっているものです。
パソコンやサーバはネットワークを通じて相互にデータのやりとりを行っています。
ネットワークの世界ではデータを発信する側と受信する側に分類することができます。
このページではデータを発信する側のサーバに関する情報を説明します。
サーバとはネットワークを支えている重要な存在ですのでしっかり理解しておきてください。
かんたんに説明しますとサーバとは多くのデータやインターネット上のサービスを発信する側のコンピューターのことです。
サーバとはデータを提供してくれる役割をもったコンピューターだといえます。
ネットワークではサーバが重要な立場にあります。
クライアントはデータを受信するだけの立場ですのでクライアントだけでは何の役割も果たせません。
サーバが存在してこそクライアントが効果を発揮するのです。
ここではネットワークがサーバとクライアントを接続してくれます。
ネットワークが存在しない場合には多くのコンピューターを接続することができませんのでサーバやクライアントの考え方が成り立ちません。
現在の便利なインターネットのシステムを支えているものがサーバやクライアントを接続しているネットワークなのですね。

要チェックのシステム情報!

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017システムとは?セキュリティとは?〜今さら聞けない☆情報処理に関する基礎知識〜.All rights reserved.