ネットワークの理解をしよう

日常の生活で必ず利用しているインターネットやパソコンですが、インターネットやパソコンのシステムを理解するためにはネットワークに関する理解がまず必要になります。
ネットワークとは数多くのパソコンやサーバが互いにつながっていることです。
パソコンやサーバはネットワークを通じて互いにデータの交換をしています。
ここではデータを発信する側と受信する側に分類することができます。
このページではネットワークに関する基礎的な情報を紹介します。
まずはクライアントとサーバの区別を勉強してください。
かんたんに説明するとデータを受信する側をクライアントといいます。
みなさんはインターネットを利用する場合には多くのときにデータを受信しています。
このサイトを見る場合を考えるとインターネットの世界からこのサイトのデータをパソコンのなかに受信しているのです。
ニュースサイトを見る場合だと画像のデータや記事のデータをパソコンのなかに受信していることになるのです。
このように必要に応じて欲しい情報をインターネットから受信する側のことをクライアントといいます。
そのため多くのパソコンはクライアントに分類することができますね。
クライアントはそれだけではあまり活躍できません。
ひとりだけでは何の情報も受信することができません。
だからクライアントはネットワークに接続する必要があります。
ネットワークに接続することでデータを受信できることになるのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017システムとは?セキュリティとは?〜今さら聞けない☆情報処理に関する基礎知識〜.All rights reserved.